Recent Trackbacks

他のアカウント

2014.11.09

シュタイナーの12感覚について

0098

シュタイナーの人間学では、人生を7年ごとに区切って考えます。この世に誕生してから最初の7年間を第1七年期と呼び、両親からもらった身体を7年間かけて自分の身体に作りかえます。それは人間の4つの構成体のなかのエーテル体によって行われますが、頭部から順に身体の下方へ向かって進んでいきます。脳は2歳半ころまでに、四肢は5~7歳ころまでにエーテル体が解放されます。その仕事が完了したというサインが歯牙交替です。この第1七年期に作り上げられた身体が子どものその後の人生の基盤を成すために、最初の7年間をどのように育てるかはとても重要なことです。(2010年7月のペッター先生の講義より)

そこで本来は身体全体の形成のために使われるべきエネルギー(エーテル体)が、不自然な早期教育や知的偏重教育によって脳の形成ではなく使用すること(思考すること)に重点的に使われてしまうならば、内臓諸器官は十分に発達することができなくなります。それは第1七年期にのみ形成・発達させられるものなので、そのまま不完全に成長することになります。すると壮年期・老年期になってから思わぬ疾病となって現れることがあるといいます。

シュタイナーの7年周期の考え方には、それぞれの時期に発達させるべき課題が明確に異なっており、第1七年期の子どもは模倣を通して自分のまわりの世界に出会い、人生の土台となる健全な身体をつくる時期です。彼らはまだ自他の区別が大人のようにはっきりしていません。それが最初に自分で意識し始めるのは9歳になった頃からです。彼らに必要なことはリズムと繰り返しのある生活の中で、ファンタジー豊かな遊びを通して意志を育てることです。

そして歯牙交替で身体形成から解放されたエーテル体は、学習に向けられることが可能になります。その主な舞台となる第2七年期に、子どもは教師を素直に仰ぎ見ることができます。その自然な権威の感情をペースに、自分のまわりから始まり、やがて世界について豊かに学んでいきます。この時期に権威というものを体験できた子どもは、大人になってから権威に対して歪んだ感情を持つことはなくなることでしょう。

第2七年期の終わりに解放されたアストラル体は、第3七年期のこの時期になってようやく思考を重点的に鍛えることに使用されます。

そして21歳になる頃、このころになってようやくシュタイナー教育の最終的な目的が見えてきます。自我が身体全体に浸透し、本当の意味で身体がその子ども自身のものになることができます。それはその子どもがこの世に生まれてきた使命を果たすための道具として、自分の身体を使いこなすことができるようになるということです。

両親や子どもに関わる教育者は子どもにどのように成長してほしいのか、どんな大人になってもらいたいのか、日々の生活に追われながらも考えます。その子がその子らしく、自分らしく、幸せになって欲しいと。そして子どもも自身も将来あんなことをしてみたい、こんな仕事をしてみたいと思うようになるでしょう。

愛にあふれ、勇気があり、智恵があり、思慮深く、慈しみ深く、人に優しく、寛容で、勤勉で、自由で、のびのびとしていて、真面目なんだがユーモアがあって、バランスの取れている人。制限や枠にとらわれない自由な発想が出来て、創造性、柔軟性のある人。芸術を愛する人。決断力、行動力、包容力のある人。自分自身で物事を判断したり決断できること。人や物を大切にできる人。手先の器用な人。囚われのないものの見方ができる人。そういう人に育てるためにはどうしたらよいのか。そのための具体的な方法論がシュタイナー教育なのだろうと思います。

ところで感覚といえば、それによって世界を知覚するための器官のことを指しますが、一般的には視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5つを言います。ところがシュタイナーは人間には12の感覚が備わっていると述べています。それらをまず列挙してみると触覚、生命感覚、運動感覚、平衡感覚、嗅覚、味覚、視覚、熱感覚、聴覚、言語感覚、思考感覚、自我感覚です。

シュタイナーはこれらを3つのグループに分け、触覚、生命感覚、運動感覚、平衡感覚を下位感覚(身体感覚)、嗅覚、味覚、視覚、熱感覚を中位感覚(魂的感覚)、聴覚、言語感覚、思考感覚、自我感覚を上位感覚(霊的・精神的感覚)と名付けました。それぞれのグループには特に発達させるべき時期があり、下位感覚は幼児期(第1七年期)に、中位感覚は学童期(第2七年期)に、上位感覚は青年期(第3七年期)とそれぞれ異なった時期が設定されています。

私たち幼児教育者は子どもたちの下位感覚をいかに育てていくかということが日々の保育の主要課題となります。それは同時に上位感覚を育てることにもつながっていきます。つまり子どもたちの人生の基盤となる身体感覚を育てることによって、将来の霊的・精神的なものを受肉するための器を用意することになるのです。

シュタイナーによればそれぞれの感覚は、ある対象に向かって単独に働くものではなく、通常の場合複数の感覚が同時に働いて、多様な印象を受け取っています。また12感覚は個別に理解しうるものではなく、1つの全体を表しています。

2014.11.05

今日は何が釣れるのかな?


今日は一校、就学児検診があって早帰りだったので、パスタ給食を一緒に食べて、昼からは特別体制になりました。いつもなら食後は人形劇を観て、お昼寝します。

2012.12.28

ロウソク作り

今年も幼稚園でろうそくを作りました。

undefined

2012.12.25

子どもの使うおもちゃについて

小さい子どもが使うおもちゃっていろいろあると思いますが、お宅にはどんなおもちゃがありますか?昨日もうちの子どもたち(もう19歳と16歳になりましたが)のためのクリスマスプレゼントを用意するためにトイザらスに行きましたが、まあいろんなおもちゃがありますね。、素材は木のおもちゃもありましたが、だいだいがプラスチックの色もカラフルな、電池や電気を使うものが多いように思います。(えっ!私は何を買ったかですって?そりゃWii Uですよ) ところでシュタイナー幼稚園ではどうしてプラチックのおもちゃが置いていなくて、木の実だとか石だとか木のおもちゃが置いてあるのでしょうね。それは実際に触ってみればわかるのですが、まず手触りが自然素材と人工的なものとは随分違うということがあるでしょう。それから自然のものには同じようだけれど、形、大きさ、色など2つとして同じものはないということが言えると思います。子どもたちはそういうものに触れることによって、無意識に多様性ということを学んでいくと思うのです。それは自分やお友達、お父さん、お母さんも唯一無二の存在ということを、受け容れる素地をつくっていることにもなると思います。 おもちゃのことから大きなテーマに跳んでしまった気もしますが、シュタイナーの幼稚園に置かれているもの、行っていることはそういうところまで考えられているのです。

2011.08.05

大人のための幼児部1日体験

幼児部のお部屋で、1日をダイジェストで体験します。
園での芸術活動、うた遊び、素話、おやつの時間もあります。
芸術活動の内容は各回下記のようになります。
日 時: 2011年 9月 18日(日) 季節のテーブルづくり
           10月 23日(日) 季節のクラフト
10:00~12:00  入園説明会も含まれます

場 所: 芽ばえのクラス

定 員: 8名

参加費: 2000円 (賛助会員 1200円)

申込・問合せ: NPO法人 愛知シュタイナー学園 幼児部  芽ばえのクラス
Tel&Fax: 052-808-2542   E-Mail: mebae2007@hotmail.co.jp

申込書の内容を記入の上、Fax、E-mail または電話にて事前に申し込みください。
お子さんの同伴は御遠慮ください。

夏の親子クラス

   5ヶ月からの6歳までのお子さんと親御さんを対象とした3日間のクラスです。

    日 時 : クラスB: 8月9日(火曜日)、10日 (水曜日)、11日(木曜日)の3日間
         クラスC: 8月15日(月曜日)、16日(火曜日)、17日(水曜日)の3日間 

      いずれも 9:30-11:30

      教育相談等されたいかたは、お弁当をもっていらしてください。
      お昼を頂きながら12時半までお話できます。
      ご希望の方は事前にお知らせください。

    内 容 : 自由遊び、うたあそびの時間、おやつ、お話

    講 師 : 金丸 さおり

    場 所 : 芽ばえのクラス(鶴舞線  赤池駅より徒歩10分)
           日進市赤池南1丁目801

    費 用 : 7,500円 (おやつ 代を含みます)。1日 だけのかたは3,000円

     ※ 最小参加が2家族から開催いたします。最大6家族とします。
      一組こどもひとり、おとなひとりを予定しています。それ以上の参加は、
      おとなでもこどもでも一人につき1,000円参加費を頂きます。
      各クラス開催日一週間前に締め切りますが、空きがあれば
      受け付けます。お問い合わせください。

    申込・問合せ: NPO法人 愛知シュタイナー学園 幼児部  芽ばえのクラス
             E-Mail: mebae2007@hotmail.co.jp  Tel: 090-1354-0190(かなまる)
          *夏休み期間のため、事前のご連絡はメールでお願いします。

バナー

April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ