Recent Trackbacks

他のアカウント

2004.03.02

月の回帰点

朝、NHKで涙をテーマにしていろいろな角度から話題が提供されていた。
そこで糸井重里さんが夢の中で大泣きをして、
生まれ変わったほどすっきりしたという体験を話していた。
ちょうどリセットボタンを押したようなかんじで
心身共にリフレッシュしたということがこれまでに3回あったそうです。
そのお話を聞いていて「そうそう、私にも覚えがある」と思いました。
糸井さんも言っていたけれど、夢の中で泣くと
ほんと号泣という感じで、涙を1適残らず絞り出すという感じなんだよね。
目覚めると枕がグショグショで、なんでそんなに泣いていたのかハッキリしないのだけれど
(どちらかと言うとうれし泣きに近いかもしれない)
確かにスキッっとしていました。

スイスにいた頃、自分でも壊れちゃったのかなと思うほど過敏になっていて
ちょっとしたことで涙を流していた時があった。
確かに下宿のことで次の同居人が決まらなかったり、
家族を残してきたりなどということがあったのだが、
ある時もうどうしようもなくなって、おんおん声を上げて泣いたら
そのあと「自分は一人じゃないんだ」と
胸の中にポッとロウソクの明かりが灯ったように、
何か暖かいものに包まれているような感覚があった。
こういうのを「キリスト体験」だなどと言ったらおこがましいでしょうか。

ちょうどその頃は人生の上でも2回目の月の回帰点の37歳でした。
人生の転換点というか、激しく揺すぶられる時期にピッタリと重なっていました。
そんなことを思い出していた41回目の誕生日でした。

バナー

April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ